薄毛女子にはパントガール

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因について解説

FAGA(女性男性型脱毛症)について

頭髪が抜ける、頭髪の太さが本来のものよりも細くなる、こういった現象によって起こる症状が「薄毛」と呼ばれる症状です。

薄毛の症状には原因とそれに応じた名称が存在していますが、そんな名称の中でも女性に起こる薄毛というのは一般的に「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれる症状になります。

このFAGAという症状は女性の身体の中で起こる多くの現象が原因となり発症する薄毛の症状です。

ここではどういったものが原因となりFAGAを発症するのか、そしてどういった方法で対策が行えるのか、治療する際にはどんな薬を使用すれば良いのか、というのを紹介します。

FAGAの原因

最初に紹介するのはFAGAの原因についてです。

FAGAの原因となる要素は非常に多くありますが、その中でも特に多くのFAGA発症者が該当する原因として「ホルモンバランスの乱れ」という原因があります。

人間の体内には性ホルモンと呼ばれるような物質が分泌されていますが、この性ホルモンというのは男性であれば男性ホルモンが多く、女性であれば女性ホルモンが多いという特徴があります。

そして女性ホルモンの中には髪の成長促進や成長期と呼ばれる髪が伸びる時期を延長させる働きがある「エストロゲン」という物質があります。

このエストロゲンという物質が多量に存在する、つまり女性ホルモンが一定以上分泌されている状態であれば、薄毛の症状は発生しません。

しかし出産や不規則な生活といった要素によって性ホルモンの分泌量に変動が生まれると、身体のホルモンバランスが乱れた状態になります。

そうするとエストロゲンの働きが弱まることによって髪の成長がゆるやかになると同時に、男性ホルモンの働きで脱毛の症状が起こるようになる、つまりFAGAを発症した状態になるのです。

その他の原因としてストレスや喫煙、飲酒、栄養バランスの悪化といったものがあります。

髪を成長させるためには、毛根にまで栄養をキチンと行き渡せる必要があります。

しかし飲酒や喫煙、ストレスによって血行が悪化すると栄養が補給されても十分に髪にまで行き渡らなくなり、髪の成長が妨げられた状態となります。

また、ストレスもなく飲酒や喫煙といった習慣がなくとも、毎日の食事で栄養バランスが偏った状態となっている場合、髪の成長に必要な栄養が十分に供給されないため、髪が上手く成長していかなくなってしまうのです。

こういった複数の要素が原因となることによって、徐々に髪が抜けていき最終的にはFAGAを発症した状態となってしまうのです。

FAGAの対策

次にFAGAの対策方法について紹介をします。

FAGAの対策方法を知る上で重要なのは、どういったことが原因となりFAGAを発症するのか、という原因となる部分です。

まず加齢による女性ホルモンの分泌量低下、出産によるホルモンバランスの乱れといった要素、これらに関しては自然の摂理、人間として生きている以上回避できない現象でもあります。

したがって、これらの事を無理に回避するのではなく、受け入れた上で対策を行う必要があります。

具体的な方法としては、生活習慣を規則正しい物にして身体の機能を正常化させるという方法や食生活の見直し、運動や頭皮のケアといったものがあります。

生活リズムが乱れた状態になってしまうと、身体の機能全体が低下した状態となってしまうため、ホルモンバランスの乱れも起こりやすくなります。

そのため、まずは規則正しい生活を送るというのを意識しましょう。

そして次に食生活の見直し、髪の成長に必要な栄養素であるタンパク質やビタミン、ミネラルといったものをキチンとバランスよく、そして程よく摂取するようにするのが非常に重要です。

運動によって体を動かす場合、過負荷をかけたハードな運動を行いすぎた場合、男性ホルモンの活動が活発化してしまうため、薄毛を更に進行させてしまいます。

適度な負荷の運動を行うことによって血行の促進やストレスの解消を行う、というのを意識しながら運動のプログラムを練るようにしましょう。

そして最後に頭皮のケアです。

頭皮環境が悪化した状態であった場合、生活習慣などを改善したとしてもFAGAの改善効果は高くなりません。

洗髪だけでなく毛穴の詰まりを解消するようなケアや頭皮全体の血行促進といったものを行い、悪化した頭皮環境を正常化させるというのを意識してみるとよいでしょう。

FAGAの対策として行える事は多数ありますが、これらをすべて行う必要はなく、自分ができるものからはじめるというのが非常に重要です。

自分にとって最も行い易い方法での対策から初めてみましょう。

FAGAの治療薬

FAGA対策として生活習慣の改善といったことを行っていたとしても、些細な事からなし崩し的にホルモンバランスが大幅に乱れてしまい、その結果FAGAを発症することもあります。

そういった事態に陥った際には、治療薬を使用したFAGA治療を行う事によって、毛髪量を元の状態に戻すことができます。

治療薬には大きく分けて、医薬品として販売されているものとサプリメントがあります。

治療薬の特徴としては、医薬品はFAGAの原因となる要素や発症箇所に対して直接作用し、症状を改善します。

治療効果という面で見ると非常に優れたものになっていますが、効果が強く現れるので副作用の発生リスクもあります。

有名なFAGA治療薬としては女性用ロゲイン、ウーマンズロゲインと呼ばれるような製品があります。

サプリメントは身体の内側から全身にゆっくりと作用していながら、症状の改善を行います。

そしてサプリメントは科学的に作られた医薬品とは違い、成分が直接身体に作用する事によって起こる副作用が存在していません。

したがって、配合されている成分に対しての過敏症といったものがなければ、医薬品以上に安全にFAGA治療が可能です。

FAGAの治療に用いるサプリメントとして有名な製品としては、パントガールやルグゼバイブといった製品があります。

これらの製品を正しく利用した場合、薄毛が進行し地肌には毛穴しか残っていない程に症状が進行したFAGAも改善することが可能です。

一度薄毛になってしまったからといって治療を諦めてしまうのではなく、専用の治療薬を用いて確実な治療を行ってみましょう。

まとめ

女性が発症する薄毛の症状が「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれます。

FAGAは体内で分泌される女性ホルモンのバランスが乱れる、生活習慣が悪化するといった多くの事象によって発症する症状です。

対策としては食生活の改善や運動の習慣づけといった生活習慣の改善、そして頭皮のケアによる頭皮環境の正常化といった方法が一般的な方法になります。

FAGAを発症した後に治療を行う場合、女性用ロゲインといった医薬品、もしくはパントガールなどのサプリメントを用いた治療を行うことによって、重症化した症状であっても改善が可能です。