薄毛女子にはパントガール

パントガールの成分について解説

パントガールの成分について

びまん性脱毛症や分娩後脱毛症といった女性ホルモンのバランスが乱れる事により発症する脱毛症は一般的に「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれます。

FAGAは一般的なAGAと発症原因が異なっているため、治療の際に必要となるものなども異なっています。

そしてパントガールに配合されている成分というのは、このFAGAの改善に非常に効果的なものとなっています。

ここではパントガールに配合されている成分がどういったものか、そしてそれらの成分がFAGAにどう効果があるのか、といった成分に関する事を紹介します。

パントテン酸カルシウム

びまん性脱毛症や分娩後脱毛症といった女性ホルモンのバランスが乱れる事により発症する脱毛症は一般的に「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれます。

FAGAは一般的なAGAと発症原因が異なっているため、治療の際に必要となるものなども異なっています。

そしてパントガールに配合されている成分というのは、このFAGAの改善に非常に効果的なものとなっています。

ここではパントガールに配合されている成分がどういったものか、そしてそれらの成分がFAGAにどう効果があるのか、といった成分に関する事を紹介します。

その他ビタミンB1、薬用酵母など

パントガールの主な成分はパントテン酸カルシウムとなっていますが、それ以外にもビタミンB1や薬用酵母、ケラチンやシスチンといった成分が配合されています。

これらの成分のうちケラチンとシスチンは髪の成長や生成といった要素に対して影響を与える栄養素で、髪に対して発生しているダメージを軽減する、髪をダメージそのものから守る、というような働きがあります。

したがって、髪が太陽光をはじめとする外部からの刺激によって痛むのを防ぐ、白髪が作られるのを防ぐ、というような働きが期待できます。

また、ビタミンB1や薬用酵母といった成分も髪の成長や生成に対して影響を与える栄養素ですが、これらの成分というのは髪だけでなく肌にも影響を与えます。

具体的な作用としては新陳代謝の促進といったものです。

新陳代謝が促進されると、肌のターンオーバーが活発になることによって、肌トラブルの治療や予防が可能となります。

パントガールを服用すると髪が健康になるだけではなく、肌の新陳代謝が促進されてシミやニキビの予防ができる、肌質が良くなる、というような女性にとって嬉しい効果が発生するようになるのです。

まとめ

パントガールには有効成分としてパントテン酸カルシウム、そしてビタミンB1や薬用酵母、ケラチン、シスチンといった多くの成分が配合されています。

各成分によって得られる効果というのは違ったものになっていますが、全ての効果に共通する効果として「髪の成長促進と保護」というような機能になります。

例えばパントテン酸カルシウムというのは頭皮細胞や毛髪を健康な状態にする作用がある成分です。

そのため、今生えている髪も根本から徐々に綺麗で健康的なものになっていき、新しく生えてくるものは健康的なものが生えてくる様になります。

そしてその他の成分も髪をダメージから保護する、白髪を予防する、そして更には肌ケアが可能となる、というような、非常に多くの使用効果が実感できます。